山梨県 西沢渓谷へハイキング

たび

西沢渓谷

西沢渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園内に位置し国内屈指の渓谷美を誇る景勝地です。
巨大な花崗岩(かこうがん)を清流が浸食してできた渓谷は、天然の芸術のごとく、原生林を流れる渓流がいくつもの滝を作り、神秘的な魅力に満ちあふれています。
「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝を筆頭に、三重の滝、竜神の滝、恋糸の滝、貞泉の滝などさまざまな滝が織りなす渓谷美は、まさに圧巻です。

と、山梨観光協会さんがおすすめしてくれるくらい素敵な渓谷です

↓山梨観光協会さん

西沢渓谷|山梨市観光協会
山梨市おすすめのモデルコース&スポットをはじめ、イベント情報、観光・体験施設、グルメ、お土産など、山梨の旅に役立つ情報を紹介します!

このHPにもあるように七ツ釜五段の滝付近にある滝見橋仮設歩道が通行止めになっています

どういうこと?

と、調べますと七ツ釜五段の滝を見るスポットは入れないとのこと

ものすごく残念だけどちらっとは見えるらしいので、せっかく遊歩道が復活したので行ってみました

いざハイキング!のその前に

ハイキングってどんなイメージ?

すこーし山を登って「風が気持ちいいー」みたいな?

西沢渓谷は、気持ちいいです

けど、お若いカップルがスニーカーとサンダルでいらしてました

女の子2人組は手袋なし、1人はスニーカー

ダメよ、それ

なかなかハードだからきちんと装備を整えて行ってね

この6月上旬~夏、秋のおすすめは

  • リュック
  • ハイカットの登山靴(増水時はこれでも濡れます)
  • 長袖、長ズボン(インナーで長袖、スパッツでもよし)
  • 軍手
  • タオル

これは最低限です

日影が多いから帽子は好みで

虫よけスプレーがあるといいですよ

いざハイキング!

装備が整ったらハイキングへ!

高いところが苦手なのに吊り橋( ;∀;)

実際行ってみると、きつい上りはさほどないです

七ツ釜からトロッコ道へ行く時だけきつい上りがありました

それまではぬかるんだ道やごつごつの岩道

スニーカー、サンダルではちょっと、、無理があるかもね

美しい景色にうっとりするのもつかの間

なんと川渡まで!!

ここで左足に水が入りました・・・

前日が大雨だったためにいつもよりじゃぶじゃぶ

濡れるのを覚悟で行ってください

途中休憩できるような岩場があります

みなさん、お昼を食べたり水分補給をしたりしていました

釣りに勤しむ飼い主さんを待つ可愛いわんちゃん♡

通行止めの場所まで行ってみました

ちなみにトイレは見つからなかった・・・

どこだったの?

途中、スタートから2か所あるので、絶対寄ったほうがいい

かあさんはこの看板から我慢してスタートから1つめのトイレまで我慢しました涙

写真を忘れてしまったけど(トイレを探すのに必死で)七ツ釜はちらっとだけ見えます

帰り道はトコッロ道から

昔、山で切った木を下すのに使っていたトロッコの道が現在は遊歩道として残っています

ここはとても歩きやすい

それこそスニーカーでも

上り3時間(休憩を入れて)

下り1時間(結構早歩き、トイレに行きたいから)

普段歩かない人ならもう少し時間に余裕をみたほうがいいかも

無事駐車場へ着きました

駐車場

市が運営する駐車場は無料です

西沢渓谷入り口の看板脇にも少し止められます(スタートのトイレはここ)

ドライブインさんが500円で有料駐車場を営んでます

ちょっと歩くけど道の駅みとみにも止めてよいそう

紅葉シーズンなんかはここに沢山止められそう

バス停は有料駐車場を営んでいるドライブインさんの脇で発着してました

スタート位置としてはいい所だけど、トイレはちょい道路側へ戻りです

スタートのトイレに行けなくても1つ目のトイレはすぐにやってくるのでご安心を

ちなみにこのドライブインさんのよもぎ餅

山の中で食べたけどとても美味しかった

あんこ最高!!!

備忘録 服装メモ

6月4日 天気:晴れ

スタート10:50(お宿かげつ いい宿だったのでゆっくりしてしまいました)

ユニクロのエアリズム

ユニクロのスポーツTシャツ

いつものクライミングパンツ

ハイカットの登山靴(かあさんのはこんないいやつじゃないけどハイカット)

いつものリュック

途中岩から出てる水にあたったからちょっと寒いときがあった

夏なら抜群だったかも

あー楽しかった♪

さて、次はどこへ行こうかな♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました